オートガイドシステム構築

AGA−1(ビクセン)
WAT−100N(ワテック)


EM200TEMMA2 Jr オートガイドシステム

概要
EM200T2Jr(高橋製作所) にオートガイドアダプター AGA−1(ビクセン)
を接続し、赤道儀架台の自動追尾システムを構築しました。その内容を掲載します。

使用部品
オートガイドアダプター AGA−1 (ビクセン)
高感度CCDユニット WAT−100N (ワテック)
液晶モニタ (ドウシャ)
2.4倍Cマウントアダプター (ビクセン)
ケーブル
EM200T2Jr-AGA-1接続ケーブル 望遠鏡販売店特注製作品
RCA−RCAケーブル 4m
BNC-RCA変換プラグ WAT−100N 購入時サービス付属
モニタケーブル AV用ミニプラグ−RCAケーブル 0.5m

その他
アルミケース カードケース
プラスチィクダンボール   赤セロファン紙
ねじりっこ ビニールガムテープ
幅広両面テープ 結束バンド
マジックテープ

EM200T2Jr-AGA-1接続ケーブル
       ケーブルは、望遠鏡販売店にて特注にて製作してもらえます。
誠報社 ケーブル長 1.9m(フラットケーブル) ¥7150
アイベル ケーブル長 3.0m(8芯丸ケーブル) ¥5250
尚、誠報社におきましては、内容熟知にて製作指示は不要です。
アイベルにおきましては、コネクタ、ジャックの結線ピン NO. の指示をする必要があります。
仕上がりは、アイベルの製品の方が高級感がありケーブル長も長くて使い安いですが、製作依頼にて自己知識を要しました。


向って接点側 結線ピン No
AGA-1側 Temma側
RJ11 mini-DIN 6pin
- |- (RA+) ---------------- 2
- |- (RA Com) -------------+-- 6
- |- (RA-) -------------|-- 3
- |- (DEC Com) -------------+-- 6
- |- (DEC+) ---------------- 4
- |- (DEC-) ---------------- 5
mini−DIN 6pin のピン配置は、下記HPをご参照。
http://www.geocities.jp/ngc4826/electronics/astro/relay2/relay_box2.html

完成後の実機動作確認
レベルチェック
    12秒で完了します。
ドライブチェック
    ガイド鏡の焦点距離により依存します。長い焦点距離だと短い時間、
    短い焦点距離になると長い時間を要します。

ドライブチェック時間
鏡筒
A80SS(ビクセン) 50秒
RFT102S(国際光器) 45〜50秒
ED102SS(ビクセン) 40秒
RFT102S:2倍バローレンズ使用 38秒



   オートガイドアダプター AGA−1 (ビクセン)


高感度CCDユニット WAT−100N(ワテック)


AGA用キャリングケース製作部品(ホームセンターより購入)


AGA用キャリングケース完成状態


初オートガイドの様子


AC100V 電源ユニット製作


EM200T2Jr ー AGA−1 接続ケーブル(アイベル製) 2本(1本予備)


EM200T2Jr ー AGA−1 接続ケーブル(誠報社製)

尚、運用のおきましては、使用している方々の下記掲載のHPをご覧ください。
http://kobe1995.jp/~kaz/astro/AGA-1.html
参考) リレー基板 & Webカメラによるオートガイドシステム(本サイト内)