経緯台

ポルタU (ビクセン)

導入レポート

ポルタUの導入を記録に。

ベランダでのちょっと見観望で重い赤道儀は大変です。
ちょっと見観望用に経緯台のポルタUを導入しました。追々、気の付いた事を記載
したく思います。実売価格2万円程度でこんなすばらしい架台が販売されるとは
大したものです。
メーカー:ビクセン ポルタU経緯台のメーカHP 

入荷2017.5.25
経緯台のポルタが入荷しました。
思ったより大きな梱包で到着です。
しかし、軽いです。総重量5.7Kgとの事。
搭載重量は、5Kgです。

 
開封すると脚部は組みあがった状態です。
 
取り出すとすべてビニール袋に入り、傷のつかない様な梱包です。 ピニール袋から取り出した状態です。

添付書類は、
保証書、取説にガイドブックに星座早見盤が入っています。

トレイは、プラスチック製です。止めるネジもプラスチック製です。 止めるネジは、止めるべきところに付いていました。

これで、三脚部の組み立ては終了です。
あとは、微動ハンドルを付けてすべての
組み立ては終了です。
トレイを止めると脚がしっかりします。

微動ハンドルは、ハンドルのくぼんだ部分と軸の
Dカットの部分を合わせ軸にさすだけです。
ハンドルは、すべてプラスチック製です。差し込む時に
破損しないか気を使いました。

工具は、経緯台のゴムシートの下にあります。
フリーストップの硬さ調整に使用する工具です。
他、組み換えで使用する工具です。
工具は、経緯台の下部にマグネットが入っており、
磁気で吸い付いています。

高度のフリーストップの硬さ調整のネジ部です。
M8のセットスクリューネジです。

M8×40mmのクランプレバーがあれば、
完全ロックも可能になります。
クランプレバーは、観望のみなら不要。
撮影となると必要かも知れません。
水平のフリーストップの硬さ調整のネジ部です。
M8のセットスクリューネジです。

クランプレバーは、協栄産業(大阪)で販売されています。
他、アマゾンでもクランプレバー、M8×40mmで検索されます。
アマゾンで適合の品を調査、選択中です。

アリ型の部分は、こんな状態です。位置を変えられます。

組上がりの状態です。


微動ハンドルを300mmのポルタ用
フレキシブルハンドルに交換しました。
標準添付のハンドルと違い取り付け部は、金属です。
長さもちょうど良く、使い安すくなります。

SE102鏡筒を搭載してみました。
フリーストップは、何もせずいい感じです。
SE120鏡筒を搭載してみました。
フリーストップは、鏡筒の位置をずらすだけで
何もせずいい感じです。

SE150N鏡筒を搭載してみました。
辛そうですがフリーストップは、何もせずいい感じです。
使用限度内です。この辺までの重量が良いところです。
ポルタ2の搭載可能鏡筒外径は、160mm以内です。
BS−77を搭載してみました。
フリーストップは、何もせずいい感じです。

ポルタ用マルチプレートを使用しました。
マルチプレート詳細

鏡筒をずらすのは面倒なので
何か良い方法はないかと検討しました。

アタッチメントプレート(ビクセン)装着でした。

スライドプレート(ケンコー)に変更しました。
これでフリーストップのまま、眼視観望、直焦点撮影が
出来るまで対応できないものかと試してみました。
SE102 眼視観望フリップミラー装着:ほぼ中央部でつり合います。 SE102 直焦点撮影一眼カメラ装着:手前側でつり合います。

SE120 眼視観望フリップミラー装着:手前側1/4辺りでつり合います。 SE120 直焦点撮影一眼カメラ装着:同じく手前側1/4辺りでつり合います。
スライドプレートを使用すれば眼視、直焦点撮影ならば
フリーストップ機能を活かしたまま使用できます。

クランプレバー取り付けではなくノブ取り付け
ホームセンターにクランプレバーを捜しに行った
のですが、ありませんでした。その代わりに
ノブを発見。寸法も良い感じなので
買ってきました。


チェンジノブ M8  128円
M8×40 六角ボルト(SUS)  50円
各 2個

合計 356円(税別)



チェンジノブ詳細
購入ホームセンター:カインズホーム
製造元:株式会社 八幡ねじ
www.yht.jp
チェンジノブ寸法、通販価格等


組み上げたノブ と ポルタUから抜いたセットスクリューネジです。 2本装着しました。

しかし問題。微動ハンドルと干渉します。
しかし、360度中の一点のみです。
使用(観望使用)して見たら問題なし。チョットした事です。
360度使用する事は、無いでしょう。
微動ハンドルの軸と干渉します。

干渉を避けるには、クランプレバーで無ければだめの様です。
しかし、使い勝手上、まず問題ないのでこれで良しとしました。
おいおい、安いぞ 356円の出費でした。

干渉するのはやはり時に不便を感じクランプレバーと交換しました。
2018.11.29 改善
クランプレバーは、型式:LEMS-8−50−BK−CBK(メーカー:NBK)
2018.11.29 購入

ノブを付けて木星観望
快適です。
ノブを付けて土星観望
快適です。

ノブを付けポルタ用マルチプレートを装着し、
Bs−77を搭載してみました。
ノブを付けポルタ用マルチプレートを装着し、
バードランド80を搭載してみました。

ノブを付けED102SSを搭載してみました。
ノブ付きにてつり合いもあまり気にせず搭載できました。
ED102SSの重量は、付くものを付けて5Kg丁度でした。
ノブを付けED114SSを搭載してみました。
ノブ付きにてつり合いもあまり気にせず搭載できました。
しかし、経緯台が歪んでいます。
ED114SSの重量は、付くものを付けて6Kg丁度でした。

EM−1赤道儀と大きさ比べです。

その他 気の付いた点
脚の長さ調整部は、アルミです。
ハンドルは、プラスチックです。

三脚架台は、アルミ鋳物です。
赤道儀搭載時の極軸方向を調整するための
バーの取り付けネジが切ってあります。
SX用寸法と旧GP用寸法の所に切ってあります。

脚部の取り付け部は、プラスチック製です。